2011年12月06日

月の次は木星


こんにちは。

ついに手に入れた天体望遠鏡ですが
タイミングを見計らいつつ
3〜4回ですが月を覗いています。
日の入りが早くなったので
夕方、晩ごはんの支度をする前に
ほんの少しだけ観測できるのです。

おかげ様で月を探すのは慣れてきました。
名称が分からないのだけど
目処をつけるレンズの中心がズレている上に、
修正しようとして動かしてしまうので
毎回最初のヒットに時間がかかるのです…。

そして昨日はついに
月の近くで明るく輝いている星を観測できました☆

なんでも、この10月だか11月は
木星が地球に最接近する時期だという噂を聞いていたので
多分あの明るいヤツが木星だろうと
ずっとチャレンジはしていたのですが
いつも時間切れで断念せざるをえなかったのです。

それがやっと昨日、命中しまして
なんだ…普通の星か…。と思いながらしばらく覗いていると
右のほうにさらに小さい星が4つ、並んでいるのに気づいたのです。
確か木星には衛星があったよな・・・?
と昔の記憶がうっすらと蘇ってきたので、
引き続きレンズを前後させピント合わせに集中すると
ようやく暗さに目が慣れてきたのか、
ただ光っているだけではないように見えてきました。
ムムム!!
な、なんと、縞模様があるではないですか!!!

部屋にいるテツくんを呼び出して見せたものの
ずっとテレビをみていた彼にはレンズの中には1つしか
星がみえなかったようです。かわいそうに。

大きな4つの衛星はガリレオ衛星といって
内側からイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト
と名づけられているそうです。
昨日はたまたま4つ並んでいましたが
一直線ではなく高さにバラつきがあったので
順番は前後していたかも知れませんね。

まぁ、今の私にはガリレオ衛星の順番などどうでも良く、
自分で木星を探せて縞模様を確認できたことに
そして、
ガリレオが見つけたあの4つの衛星を確認できたことに
じっくりと感動しているのです。

さて、いよいよ皆既月食は今週末となりました。
カメラを設置できると嬉しいのですが
それは欲張り過ぎってもんですかねぇ?

国立天文台で「皆既月食を観測しよう」
というキャンペーンをやっています。
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20111210/index.html
別に参加したからといって何か貰える訳ではありませんが
観察の記録用紙をダウンロードして
目的を持って観察するのは面白いかも知れません。
それに翌日は日曜日なのでじっくり観察できそうです。
忙しそうなサンタクロースも見えたりして♪

どうか、観測日和の晴天となりますように☆
posted by BRUT at 16:54| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
468-60_salad
DVD and LIFE

Apple StoreApple StoreApple StoreApple StoreApple Store
LinkShare アフィリエイト
W-ZERO3_468x100



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。